キジンブログ

面倒くさいくらいが丁度良くなるようなブログです。

THE NORTH FACE レビュー

【注意!】ノースフェイス純正のジップインジップ対応インナーのサイズ選びの注意点とコマ数など

更新日:

ノースフェイス純正のジップインジップシステム(ZIP IN ZIP system)対応のダウンジャケット『アコンカグアジャケット 』とフリース『バーサミッドジャケット』を連結させる時に注意しないといけない事や、重要なサイズ感、コマ数などの詳細もふまえつつ紹介していきます。(画像出典:ゴールドウイン

『マウンテンライトジャケット』や『マウンテンジャケット』に連結できるノースフェイスのジップインジップシステム。

ジッパーの規格さえ合っていれば「ユニクロ」や「しまむら」のダウンでも代用可能ななか、あえてノースフェイスの純正ジップインジップを選ぶメリットは果たしてあるのでしょうか。




ノースフェイスの純正ジップインジップの注意点とは

まず純正のジップインジップを選ぶ際の最大の注意点を紹介します。

それは、

注意ポイント

アウターのサイズをオーバーサイズにしている場合はインナーのサイズに注意する必要がある。ということです。

というのも、

例えば、アウターを大きめのサイズを選んでいる場合は、インナーのサイズも同じサイズを選ばないと連結する際のファスナーの長さ(コマ数)にズレが生じてしまいます

またインナーのサイズを大きめのアウターのサイズに合わせてしまうと、インナー単体で着る場合に大きすぎて不格好になってしまうので、アウターのサイズをオーバーサイズ気味で着ている人は注意が必要となります。

ノースフェイス純正ジップインジップのコマ数(同サイズの場合)

「マウンテンライトジャケット」に「バーサミッドジャケット」を連結させた場合のコマ数は

ジップインジップの右側のコマ数

ジップインジップの左側のコマ数

右側のコマ数は余りがありませんが、左側は1コマ余ります。

同サイズでこの状況なので、アウターとインナーのサイズが変わってしまうと、もっと誤差が生じてくると予想できます。

同サイズの純正ジップインジップのメリット

純正ジップインジップを選ぶメリットとしては、

コマ数がしっかり合うことと、袖や首後ろのスナップボタンでアウターとしっかり連結できることでしょうか。

このスナップボタンがあるとなしとでは、アウターへの密着度が変わってきますので完璧な連結を求める方は純正のジップインジップをオススメいたします。

■ ジップインジップ対応品 ■
「バーサミッドジャケット」の最安値へ
「アコンカグアジャケット」の最安値へ
70%OFFもあり!アウトレット商品の新着へ

マウンテンライトジャケットに『アコンカグアジャケット』と『バーサミッドジャケット』をジップインジップしてみた。

実際にマウンテンライトジャケットに『アコンカグアジャケット』と『バーサミッドジャケット』をジップインジップで連結してみました。

アコンカグアジャケットと連結

マウンテンライトジャケットにアコンカグアジャケットをジップインジップ

続いて、バーサミッドジャケットと連結

マウンテンライトジャケットに『バーサミッドジャケット』をジップインジップ

さすが純正です。連結後のサイズもバッチリでした。

ただ、フロントジップを開けてしまうと『アコンカグアジャケット』も『バーサミッドジャケット』も襟部分が見えてしまうので、アウターの色と統一した方が良いと思います。

今度は、インナー単体でのサイズ感もみていきましょう。

ノースフェイス アコンカグアジャケットのサイズ感

いつものように180度まわってみます。

画像が細長いのでスクロールが面倒かもしれんません、すみません。苦手な人はビューンっと飛ばしちゃってください。

アコンカグアジャケットのサイズ感

Mサイズを着用しています。(175cm普通体型)

軽くて暖かいです。インナーにも使えますが単体でも使えるように工夫されています。

アウターと連結するためのスナップボタンはベルクロの中に隠せます。

首後ろ部分のスナップボタンは後ろ身本体内部に差し込めるようになっています。

ノースフェイス バーサミッドジャケットのサイズ感

こちらも180度まわってみます。

バーサミッドジャケットのサイズ感

Mサイズを着用しています。(175cm普通体型)

タイトなシルエットで体にフィットする作りになっています。伸びも良く優しい着心地のフリースです。

バーサミッドジャケットもアコンカグアジャケット同様、単体で着ても違和感が出ないようなデザインになっています。

袖はベルクロがないので折りたたみ式です。

こちらは襟本体に差し込む仕様のようです。やっぱりジャストフィットがオススメでしょうか。

オーバーサイズでアウターを選んでいる人は、純正ジップインジップではなく「マウンテンライトジャケットにジップインジップでユニクロのフリースを連結させた時の問題点と解決策」で紹介したユニクロなどのファストファッションでジッパーの規格が合っているモノを探すか、ジップインジップすることを諦める方が無難でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ノースフィエスの純正ジップインジップをする場合のサイズ選びでの注意点について紹介しました。

もっと魅力的なインナーが今後発売される事を期待したいですね。

番外編

ジップインジップ対応同士同じサイズだとジップの長さも同じなので当然2つのインナー同士、繋ぎ合わせられます。

こんな風に(笑)独特なセンスを持った方いかがでしょうか。

 

セール中にマイサイズを探しておくほうが良いでしょう。

 

終わりに、

まだ『バルトロライトジャケット』を購入できていない人へ!中古品を新品に近づける方法があります。」で紹介した「リナビス」さんだと、ジップインジップしたままクリーニングに出すと

カウントされません!!

でも、ライナーではないような気もします・・・詳しくは「リナビス」さんで確認してみてください。

 

2019年春夏 マウンテンライトジャケット
2019SS『マウンテンライトジャケット』の公式web販売日や予約サイトなど。やっぱりツイルベージュが人気?

2019年秋冬モデル 【2019年秋冬】ノースフェイス『マウンテンライトジャケット』を予約する方法 2019年春夏も継続展開されるノースフェイスのゴアテックスアウター『マウンテンライトジャケット(NP ...

続きを見る

バルトロライトジャケットのサイズ比較
【SとMどっちがいい?】バルトロライトジャケットの大小サイズ感を比較レビュー

2019年モデル 2019年『バルトロライトジャケット』の予約方法は?ニュートープとブリティッシュカーキがおすすめ 人気が止まらないノースフェイスの大本命ダウンジャケット『バルトロライトジャケット(N ...

続きを見る

マウンテンライトジャケットにジップインジップでユニクロのフリースを連結させた時の問題点と解決策

アコンカグアジャケットなどをアウターと連結し真冬にも対応できるアウターを構築できるノースフェイスのジップインジップ システム(Zip in Zip)。 『マウンテンライトジャケット』、『マウンテンジャ ...

続きを見る

【購入レビュー】マウンテンライトジャケットのサイズ感やおすすめのコーデなど

ノースフェイスのゴアテックスハードシェル『マウンテンライトジャケット(NP11834)』 手軽さや合わせやすさが重なって今とっても人気のアウターです。 人気色のケルプタンにしようかと悩んでいましたが、 ...

続きを見る

ビレイヤーパーカ
【外防風+内撥水】ノースフェイス 『ビレイヤーパーカ』のサイズ選びの注意点とは?最安値もチェック

2019年モデル 2019年ノースフェイス『ビレイヤーパーカ(ND91915)』の発売日は?今年はレディースよりもメンズにおすすめしたい! ビレイヤーパーカのサイズ選びの注意点や最安値ショップなどの情 ...

続きを見る

ノースフェイス『マウンテンライトジャケット (NP11834)』はインナー次第で3シーズン活躍する超優良アウター

2019年秋冬モデル 【2019年秋冬】ノースフェイス『マウンテンライトジャケット』を予約する方法 2018年-2019年もバルトロライトジャケット同様、こちらも完売状態が続くノースフェイスのゴアテッ ...

続きを見る

【購入レビュー】ノースフェイス『マウンテンジャケット』のサイズ感やおすすめのインナーコーデなど

2019年モデル 2019年 ノースフェイス『マウンテンジャケット』の予約方法。ワイマラナーブラウンやブリティッシュカーキ ノースフェイスのGORE-TEX『マウンテンジャケット』NP61800 19 ...

続きを見る

-THE NORTH FACE, レビュー,
-,

Copyright© キジンブログ , 2019 All Rights Reserved.